目前分類:未分類文章 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要
こんばんはウサリィ10

ミヤビ終於很不要命的來更新了ウサリィ9
最近最熱門的話題應該就屬「消費券」了吧!!
一人有3600呢~!キラキラ

handazyuku 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()

 透明な体で水中をゆったりプカプカと浮遊するクラゲ、その動きに人を癒やす力があるのではないかと、日本大学生物資源科学部の廣海十朗教授(55)が科学的な根拠を探る研究を重ねている。

 「週末になると、サラリーマン風の男性が一時間ほどクラゲの水槽の前にたたずみ、ほっとした表情で帰っていく」。廣海教授の研究のきっかけは、新江ノ島水族館に勤務するスタッフの報告だった。「クラゲには人を刺す厄介者というイメージが付きまとうが、人の心に働きかける秘めた力があるのではないか」。廣海教授は二〇〇五年、科学的な根拠を求めて研究に乗り出した。

 同大の学生や同館の来場者ら約六百人を対象に最も好きな水中生物を聞いたところ、一番がイルカでクラゲは七位にとどまった。ところが、癒やされる生物はクラゲがイルカに次ぐ二位となり、負のイメージを抱いている人でもクラゲに癒やしを感じていることが分かった。

 廣海教授の実験によると、複雑な計算をしてイライラした状態の人にクラゲの映像を見せると、ストレスの度合いを示す唾液クロモグラニンAが約七割減少、脈波測定装置では八割に安定効果が表れた。さらに、脳の活動状況を調べる光トポグラフィーを使って実験したところ、ほぼ九割の人に血流量の低下が認められた。

 廣海教授は「クラゲの穏やかな拍動数や、日ごろ目にするものとは違った色、形が癒やしをもたらしている」と指摘。次の段階として、東京慈恵会医科大と連携して臨床現場での実証実験に取り組む予定だ。「クラゲはイルカや犬のように直接触れることができないため、治療といえるほどの積極的な力はないだろう」としながらも、「入院中の気持ちの落ち込みを防いだり、疲労時の精神的な回復を助けたりといった効果をもたらすのではないか」と話している。

handazyuku 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()