不曉得大家有沒有聽過「いざ鎌倉」這個成句呢?
其實這是出自一部名為「缽木(はちのき)」的謠曲(能劇的戲碼)中喔!

那麼,這段故事是怎麼發生的呢?

話說日本的鐮倉幕府(*1)時代,在上野國(現在的群馬縣)的佐野,
住著一名叫做佐野源左衛門常世的貧窮武士。

某個下雪的夜晚,有一位旅行的僧人前來,請求說:「請讓我借宿一晚吧」。
原本常世拒絕了他,可是卻因為妻子說想讓僧人借宿而改變了心意,
於是他前去追趕僧人並把他帶了回來。

之後常世不但招待僧人吃粟米飯,在爐火快燒盡時,
還把心愛的梅樹、松樹、櫻花樹的盆栽當作柴火放進爐裡燒,
竭盡所能地款待他。

望著爐火,常世告訴了僧人,他因為領地被人奪走,家道中落,
但是一旦到了必須要「趕往鎌倉」之時,他已經做好帶頭衝往鎌倉,
捨命作戰的覺悟了。

翌日,僧人再次踏上旅途。

之後,因為從鎌倉幕府送來了召集的通知,
常世便動身前往了鎌倉。沒想到在那裡等著他的,
卻是之前他在雪夜所留宿的旅行僧,

原來這位僧人正是鐮倉幕府的前任執權(*2)-北條時賴(*3)。
時賴為了獎勵常世並未說謊,不但幫常世取回了他原本的領地,
還把加賀國的梅田、上野國的松井田、越中國的櫻井三個地方的土地賜給他,
做為他燒掉了自己心愛的盆栽的回禮。

於是後世便用「趕往鎌倉」這個詞代表

「鎌倉幕府發生了大事,現在正是非馬上飛奔過去不可的時候。」

到了現代,也用來表示「發生大事了」的意思。

各位同學如果想更加了解這篇故事的內容與涵義,

繁田老師將於下週三(9/30) 18:30~20:00時事讀解養成班講解這篇文章,
歡迎各位同學來上課喔!

*1 鎌倉幕府(かまくらばくふ,1192年—1333年):是日本幕府政權的開始,其建立者是源賴朝,從建立至滅亡共經歷149年。

*2 執権(しっけん):日本鎌倉幕府官職名。原為政所的輔佐官職,後來轉為征夷大將軍的政務佐理。

*3 北条時頼(ほうじょう ときより):日本鎌倉幕府第五代執權。北條時氏之子。滅了政敵三浦氏一族,確立了得宗獨裁體制。以實施仁政出名,留下為了視察民情而巡迴諸國的傳說,「いざ鎌倉」這篇故事就是建立在這樣的背景下。




「いざ鎌倉」って、どういう意味なの

「鉢木」という謡曲(能の曲)で、「さあ、鎌倉幕府に大事件が起こった、すぐにかけつけなければならない時だ」の意味で、
「いざ鎌倉」のことばが使われました。今でも、「さあ、一大事が起こった」の意味で使われています。

●「鉢木」の物語

上野国(群馬県)の佐野に、
佐野源左衛門常世という貧しい武士が住んでいました。
ある雪の夜、旅の僧がやってきて、一晩とめてください、
とたのみましたが、常世はことわりました。
しかし、妻が、とめてあげようというので、思い直し、
僧を追いかけて行って、連れもどりました。
そして、アワのご飯をすすめたり、まきがなくなると、
大切な鉢植えの梅・松・桜の木をいろりにくべたりして、
できる限りのもてなしをしました。いろりにあたりながら、
常世は僧に、一族に領地を取られたため、今は落ちぶれているが、
「いざ鎌倉」というときには、鎌倉に一番にかけつけて、
命をすてて戦うかくごだ、と話しました。

翌朝、僧はふたたび旅に出ました。
その後、鎌倉幕府から、集まれという連らくが来たので、
常世は、鎌倉にかけつけました。そこには、雪の夜にとめた旅の僧がいて、
前の執権の北条時頼だとわかりました。
時頼は、常世のことばがうそではなかったことのほうびとして、
常世の領地を取りもどしてやり、
また、大切な木をくべたもてなしのお礼だといって、
梅田・松井田・桜井の3か所の土地をあたえました。


按此圖可前往繁田塾FB


 
按此圖可得知繁田塾最新開課
 


按此圖可前往
繁田塾官網
 

創作者介紹

handazyuku的部落格

handazyuku 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(2) 人氣()


留言列表 (2)

禁止留言
  • 好奇妙的故事
  • 是齁~

    handazyuku 於 2009/09/25 19:48 回覆

  • hdsyoko
  • よく勉強しました!!
    日本歷史好好玩啊...
    特愛戰國時代!!XD
    從看了篤姬之後,就覺得家定大人好帥啊~>//////<
    まあ~~現在是森蘭丸的ファン!!哈哈哈哈...

    大家一起來上這篇文章吧^^
  • 你只是因為人家是美少年吧囧

    handazyuku 於 2009/09/25 19:49 回覆